ゲームプレイ日記や旅行日記(食中心ですが)など
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

仙台旅行記┷能回
いよいよ最終日。たった2泊3日なのに結構濃い旅だよ。
今日は小雨。
ホテルで朝ご飯を食べたら(ちっさいちっさいチョコレートケーキまであった!良いホテルだ)チェックアウトして駅に荷物を預け路線バスに乗ります。
写真撮れなかったけどバス停の屋根にもばっちり伊達家の家紋が入っていました。上田の六文銭もそうだけど、地元でめちゃくちゃ愛されてる感じで羨ましいな。実家の方も色々と上杉家の家紋使わせて貰えばいいのに。高いのかな?

弦月と水玉が可愛い〜。

大崎八幡神社到着です。
大鳥居

隣の焼き肉屋がすごい外観だった。そっちの方が目立ってたよ。



6つの紋が入ってます。あ、八が鳥になってる〜。

国宝ですって、すごいわね〜。綺麗。





参拝して一通り見学し、仙台駅に戻りました。
また少しお土産を購入して、もう一度牛たんを食べたら高速バスに乗って帰ります。
3階の牛たん通りへ向かうとまだ10時半なのにもう既に利久の店内は満員で外にも並んでいる。
早すぎる?どうする?と迷ったけど、並んでいる内に時間来るし、食べようと思えば食べられるからと列に並びました。11時頃入店。
牛たん定食

テールスープにとろろまで付いてます。このスープに入ったお肉、これぞ牛〜っていう濃いお味。うまかった〜♪そして牛たんもうまい!少々残しましたが牛たんだけは完食☆本当に仙台最高!本気で仙台に生まれたかったってくらい大好きになって帰ってきました。


お土産天国の仙台駅で購入したもの達

支倉焼き・笹かまぼこ・伊達政宗麦酒
私たちはビールの味が分からないので伊達政宗麦酒はうちの父と叔父に。
「政宗ひと口だけ飲む」と言ったら叔父に「政宗ってw」と笑われました…、なぜ?何か変だっただろうか?フルネーム言うべきだったの?むしろ政宗様って言うべきだった?

他に蔵王クリームチーズを購入。
試食どうぞ、と勧められたのでクラッカーにちょこっと乗っけて試食。
「う、まーい!」
「ほんと?」
小声「・・・けどチーズがうまいのかクラッカーがうまいのか分からん」
「・・・」
家に帰ってきてクラッカーに乗せて食べたけどあの時ほどの美味さではなかった。
次行ったらクラッカーも売ってください!ぜひっ!
あ、クリームチーズも美味しいんだよ!また買うつもりだもん。

その他
迫力の磐梯山(小さい写真じゃ伝わらないか)

むすび丸





美味し国 伊達な旅

仙台旅行記、以上です。


行く前にひいた風邪は、仙台から帰ってきてから「治った!」「具合悪い…」「治ったぁ!」「熱出た、吐く…」と繰り返し、結局5月18日まで寝てました。仕事は行ってたけどね。
ホントにね、無茶しちゃイカンね。


JUGEMテーマ:旅行


仙台旅行記
久々に仙台の旅行記再開。
松島から帰ってきたとこです。

朝早めに出たので仙台駅に帰ってきてもまだ2時過ぎ。なので、ずんだ茶寮でおやつタ〜イム。
あ、モロに枝豆って味じゃなければ平気なの。ここのずんだ餅があんなに濃い枝豆味だと思わなかったからビックリしただけ。
ずんだチーズケーキあるかな〜って覗いたけど無かったので(お土産のところにはあった)ずんだロールケーキにすると注文係の直吉に告げる。
「冷茶か煎茶付くって、どっち?」
「れいちゃ」
「両方煎茶で」
「え、」オカマ声は聞き取りにくいですかそうですか、うん、まぁいいや何でも…。

生地がみっしりしていて結構ボリュームあり。ずんだ味はほのかにするだけなのでセーフ。アイスと黒豆も付いて何となくお得デス。
休憩したら国宝の大崎八幡神社に行く予定だったけど疲れてしまったので翌日早めにチェックアウトして行くことにしました。
この後このまま駅でお土産を購入してホテルに戻りました。駅ビルすっげー土産天国。

2日目の夕飯は「かこいや仙台駅前店」にて。
出口が分からなくなりそうな複雑な店内。掘りごたつ形式のカウンターに案内される。炉端かな?目の前ではお兄さんが網の上で色々焼いてる。


松島で食べられなかった笹かまぼこの炭火焼きを注文。
焼き目をたくさんつけようと思ってたら店員ちゃんがもう良いですよ、と教えてくれた。美味しいポイント逃すと勿体ないし、素直に従いいただきます。表面硬くなって噛み千切れない、熱い〜。焼き過ぎか?

「ねーあれ、うまそうじゃない」
「薩摩芋?」
目の前の網でお兄さんがかまぼこ型にカットされた薩摩芋を焼いている。
「食べたいね」
メニューを見るがそれらしいものが見あたらない。大体オサレ気なこの店で薩摩芋をごろりと焼いただけのメニューがあるとは思えない。けどどうしても食べたいので店員ちゃんを捕まえて芋を指さし、
「あれ、単品注文できますか?」と尋ねてみた。何に付いてくるのか聞けばいいのにね。
「あの薩摩芋ですか?聞いてきま…あ、あれは先ほどお客様が頼まれた姫串焼きの串を刺す土台なんですよ」
「ほんと!じゃ、食べてもいいの?」
「はい、土台もお召し上がりください」
「やた、ありがと〜」
二人でちっちゃく万歳。どんだけ芋食べたいんだって感じですが、すんごくいい色に焼かれてんだよー。おまけに他に焼いたお肉の脂や野菜の香りがほんのりついてて香ばしくて、メインの串焼きの味を忘れるほど美味しかったんだ〜。あ、本当に串焼き覚えてない。

この写真じゃ何が何だか。

他に生ゆばのお刺身や彩り野菜としゃぶ肉(仙台牛)の塩ポン酢和えを注文。仙台牛も食べたかったし♪牛肉うんめ〜。お通しもうまかった。
そして最後に
「伊達藩古式納豆 納豆の麹漬「政宗公」おこげを添えて」を

注文せずにはいられないね、政宗公と付いているからね(笑)
味噌に近い感じ。おこげよりキュウリに乗せた方が美味しかったです。
も、この店最高!仙台も最高〜!


岩手、宮城被災地の一日も早い復興をお祈りしております。


JUGEMテーマ:旅行


仙台旅行記
ん?やっと二日目?
二日目は松島観光です。
あおば通駅から電車に乗って松島海岸へ。
私たちの乗る前の電車が石の森電車だった!すごい、可愛いっ。







4枚も載せちゃった。

松島海岸に着くとすぐに遊覧船が出航するというので早速乗船。







天気は最高。直吉が聞き耳を立てて得た情報によると、翌日朝は真っ白でまったく見えなかったらしいし、数年前に行った叔母も船は出たけど海が荒れていて直ぐ戻って来ちゃったらしいから今日は絶好の観光日和。
日本三景納得。こんな景色見たことない、不思議な光景。
政宗公が月見の宴をした島、という説明を聞いて妄想がぶわぁ〜と浮かんできました。船内でもわ〜とした顔してたかも…。でもこんな島で月見なんていいな〜。うん、いいな…(また妄想)

餌をくれるので船を追走するカモメ



遊覧船を降りたら五大堂へ。


そしてちょっと早いけど(まだ11時)きっとめちゃめちゃ混むからお昼ご飯にします。
「さんとり茶屋」さんの2階の眺めがよい部屋で楽しみにしていた海鮮丼を。
見て、豪華〜♪


直吉は食べられないネタがあるのでマグロ・ホタテ・イクラの三色丼をチョイス。


美味しいんだけどお米がちょっと残念なお味。ご飯美味しかったら最高だったんだけど、でも目が楽しめたので◎です。

さんとり茶屋からの眺め


ご飯後はかまぼこ屋さんのその場で焼いてる笹かまを横目に(満腹だし)瑞巌寺へ。

瑞巌寺でもたくさん撮ったんだけど、載せられるような良い写真が撮れなかったので(内部撮影禁止だし)写真はナシ。

たっぷり瑞巌寺を見学して松島を後にしました。



JUGEMテーマ:旅行
仙台旅行記
ホテルは仙台駅から徒歩5分ほどにあるフォーリッジ仙台。仙台行きを決めたのはこの安くて綺麗なホテルを見つけたから。
ホテルを決める時は値段や内装はもちろんだけどネットの口コミも重要。
フォーリッジの口コミにあった「金髪長髪のフロント」に逢えるのを直吉は楽しみにしていたらしく、居なかったね、とちょっと残念そうだった(笑)
余談ですがホテルの口コミって我が儘な人多いね。そこまでの期待をするなら5ッ星に泊まればいいのにと思う様な要求や、その場で言えば改善されたことに後でクレームつける人など。仕事で使ったりもあるから全部は無理かもしれないけど、多少のことは旅先の面白ハプニングと切り替えれば笑えるのに。

さ、メインイベントです(私の)。牛たんです。
あらかじめ行くお店を調べていると、数ある牛たん屋の中にどうしても気になって仕方のない店が現れたのです!
その名も「べこ政宗」!!!


ネタとして行かない訳にはいかない名前の牛タンダイニングです。
まず気になったのが「べこ政宗」って発音。「伊達政宗」と同じイントネーションで読んでもいいのかしら。普通の「べこ」よりその方が面白い気がするんだけど。
「べこ政宗 推して参る!」のろそうだけどパワーだけはありそうだ。
お店の人に確かめたかったんだけど具合が悪すぎて聞けなかったのが残念。

お通しはとろ牛たんの寿司。

美味しかった。んだけど味があまり思い出せない…。ほんのり温かくてほんのり塩気があった気がします。

数量限定、伯方の塩とろ牛たん焼き

厚くてやわらかよ〜♪

筍の土佐醤油焼き(「土佐」で選んだ?かも)

旬だもの、美味いに決まってる。

その他に
三元豚フランクとアスパラの豚バラ巻き串や県産シロメ大豆の桶豆腐、テールスープ炒飯などを注文。

もっと色々頼みたかったけど、具合が悪くほとんど食べられず…でも具合が悪くても牛たんはすごく美味しかったの!てことは体調万全だったらめちゃめちゃ美味しいものなんじゃないの!?直吉も2店食べた内、こっちの方が美味しかったって言ってたし。うーん、タンシチューも食べたかった。また仙台に来られたら「リベンジべこ政宗!」
目的二つに増えた。陣羽織とべこ政宗。

帰りに駅のずんだ茶寮で、体調回復したら食べるんだ〜とミニずんだ餅を2カップ購入。

入浴後、まだ万全ではないが体も温まったのでと開封。うまほ〜いただきまふ〜♪ぱく、
「・・・・・枝豆の味がするよ・・」
「当たり前だろう!あんた枝豆好きじゃないじゃん」
「うん…」
「寄こせっ」
本場はスーパーで売ってるずんだとは違うんだな、しっかり豆の味が残ってるんだな…。結局ずんだ餡を一口と、ずんだ餡を削いだ餅を一つ食べて、あとは直吉に食べられてしまいました。もう一口くらい食べようと思ってたのに。
直吉は「甘っ」と言いつつ二カップをぺろり(無理に押し込んだんだと思うけど)。羨まし〜っ、キーッ!!いいもんね、
「明日はずんだチーズケーキ食べるもんねっ」
「止めときなさい!」
もう、怒られてばっかりでふね。


JUGEMテーマ:旅行


仙台旅行記
るーぷる乗車中、英語アナウンスの中に「ぬぽ」という単語が聞こえる。「ぬぽって何?」
3回目に気が付いた、めっさ発音のいい「るーぷる」だって。


仙台城趾


石垣がで〜ん


まずは政宗公騎馬像を目指します。

午後なので逆光。午前中だったら良い写真撮れたのかな。

ちょこっと写真を撮っていると「まもなく青葉城資料館にて仙台城本丸大広間編が上映されます」みたいな(うろ覚え)アナウンスが流れてきました。これ見たかったので直吉をせかして資料館へ急ぎます。
博物館もここもるーぷる乗車券提示で割引になります。お得だね〜。
上映されるのはCGで仙台城を再現したというやつ。政宗公と片倉小十郎が城を案内してくれます(殿、波平だったよ!)
片倉さんが「こんぴゅうたぁぐらふぃっくすという傾奇者」とか言うから慶次がちまちまとCG作ってるのを想像しちゃった。慶次細かいこと苦手そうなのに。
上映は10分ほどでしたが結構見入ってしまいました。上々段の間を作ったのに誰も来てくれなかったって、残念そうな殿がなんか可愛いです。
現在別の再現CGも作ってるそうなので、その内片倉さんちとかにも入れるようになるかもしれませんな。
その後展示されてる甲冑などを見たら、ずんだシェイクを購入して休憩。ほのかにずんだの味でうまうま。

でかでかと写っているのは台。その上のちっさい二つがずんだシェイクです。

もう一度写真を撮りに政宗像のところに戻るとまたしてもあのカップルが。またチーズとろかすのかしら〜などと見ていたら、チーズ♂が騎馬像後方から懸命に写真を撮っています。何の写真を撮っているの?とレンズの先を見上げると、そこには馬像の尻穴が!!!チーズったら尻穴激写してるの?何でその位置なの?それ撮影ポイントなの?どこ情報なの!?このカップル本当に色々と楽しませてくれたわ、どうもありがとう。
しかし、尻穴まできっちりと作ってあるとは…。GreatでCoolだぜ政宗公騎馬像。
私も尻穴写真撮ってくれば良かったかも。






台座

今日の観光はここで終了なので、タクシーに乗って駅に戻ります。(だってるーぷる乗ると遠回りなんだもん。一日券の元は取ったし)

次回は夕飯!牛たんだよ〜。


JUGEMテーマ:旅行


仙台旅行記
さて、またもるーぷるに乗って次の目的地、仙台市博物館へやって来ました。
居ます、例のカップル。見て回る時間もるーぷるの運転間隔も大抵決まっているので一緒になる確率高いんですね。
さて展示物。あの有名な弦月の前立の鎧がどどんと展示されてますよ!鎧が3つ並んでるけどどれもめっさかっこい〜い!月でけ〜。振り向いたら刺さりそうだから誰も近くに寄ってくれなかったんじゃない?あ、BASARA小十郎の左頬の傷はコレ?右目だから政宗の右に立つと左頬に刺さる訳ですね。でも前立ては左の方に長いんだっけ…どうでもいいか…。
小学生の団体が課外授業で来ていて、展示品を見ながら一生懸命メモをとっていました。こんなちっさい内からこんなお宝に触れられて羨ましい。君たちすごいところに住んでいるんだよ。
他にも政宗公が書いた手紙や貰った手紙、支倉さんがローマから持ち帰ったものなどを堪能。
内容は良く覚えてないけど、政宗公の他に秀吉や景勝(だったけ…)などが書いた同じ(様な?)手紙が並んでいたので、字を見比べてみると政宗公だけ雰囲気が違う。字が柔らかい感じ。
「政宗公って他の人達に比べたら若いじゃん?こういう(政宗公の)字ってこの時代で言う丸文字とかなんじゃない?」(さすがにギャル文字とは言わないけど)
「近頃の若いモンは、って言われててな」
いつもの様に適当な想像が楽しい。
特別展は別料金なのでパスして、売店で水玉陣羽織モチーフののクリアファイルやハンカチを購入して博物館を後にします。


アレ?家に帰ってきて気が付いた、水玉陣羽織見てな〜いっ!仙台市博物館にあるんじゃないの!?特別展やってたからしまわれちゃってたの?あれ見るのすごく楽しみにしてたのにぃ〜っ。絶対また行く。陣羽織見るために絶対行く!

直吉が6月の休みにもう一回行く?と言ってくれたが、それは少し早いよ(笑)楽しみはもう少し先に取っておくよ、ありがとな。あ〜でも行きたい!牛たん!(そっちか!)


JUGEMテーマ:旅行
仙台旅行記
一日乗車券を買ってるーぷるに乗り、まずは政宗公が眠る瑞鳳殿へ向かいます。
るーぷるの運転手さんによると、
「瑞鳳殿は坂の上にあり、バス停から徒歩10分ほどかかります」
ゴーン…
さらに、
「仙台62万石にちなんで階段が62段あり、」
ゴゴーン……
62段なんてこじつけたんなら1段が不自然な高さとかあるんじゃないの?出鼻挫かれた感じ。
瑞鳳殿前でバスを降りる。うん、かなり急な坂だね。も、数歩歩いただけで疲れる…。登っていく車ヒッチハイクしていい?入り口見えてるけどソコ行くのもキツイからタクシーに乗ってもいい?てか車入って来れるんじゃん。ギリギリまでバスで連れてきてよぅ。
ハヒハヒいいながら(体調悪いせいですよ)頑張ってやって来ましたよ。
そしたら本当にあったよ、明らかにおかしいだろこの段差、って階段が。
直吉が「仙台が100万石じゃなくて良かったじゃん」と慰めてくれました。あぁ、まあそうね…62段で済んだんだもんね。


家紋とか龍とかあるとね、つい撮っちゃうよね。龍ががお〜ってしてて可愛い。


曲がってる〜。写真撮るの本当ヘタ。
ここの写真を撮ろうと思ったら先客のカップルがいたので撮り終わるまで待ちました。だって人が写ってない方がいいもんね。
カップルの♀「はい、チーズ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・カシャ」
長いわ!どんだけチーズ伸びるんだよ!とろけ過ぎにも程があるわ!
と声に出してる私。聞こえたかもね、オカマ声が。
その後どこに行ってもこのカップルと会うことに。

この中に眠っておられるのですな。


すっげ細かい。


政宗公の遺骨発掘時の資料展示なども見学。政宗公、身長159僂世辰燭鵑澄∋笋茲蟾發ったんだ、何か悔しいな(?)
息子達の分はスルーで瑞鳳殿を後にします。

今日はここまで。

JUGEMテーマ:旅行


仙台旅行記
医者にかかって貰った薬は効くけど、安静にしてないと治らないのだと知った旅。
出発前日になっても熱が下がらないので仕事を休んで病院へ。結局、ほぼ8連休してしまった(笑)
「調子悪かったら行かないんだからね!」と直吉に叱られる。
「大丈夫、なんか薬効いてきたよ(本当)やっぱ医者の薬は違うわ。これで明日は万全だぜ」
「そ〜かぁ?」
すっげ楽しみにしてたんだ、絶対行くんだ!キャンセル料なんか払うもんか。
政宗公〜必ずや馳せ参じますぞぉおお。もう気分はP3の小野先生。

熱は下がってた。
鼻の調子が悪くほとんど眠れなかったけど、バスの中で寝てればいいし特にフラフラもしないのでタクシーを呼びます。
「旅行ですか?どちらへ?」
仙台です
アレ?私の声、めっさ低くてガラガラでオカマのようだわ!
勘違いされたら困るからチェックインとかは全部直吉にやらせよう。

高速道路SAで御当地ソフトクリームを食べるのを楽しみにしていたのに、そういったものがあるSAには止まらなかった。途中事故で高速を降りたりと少々不安な出発となったけど、その後は特に何も無く無事定時に仙台に到着〜。
来たわ、来ましたわ〜政宗公〜!(あ、私BASARAの政宗ファンではないです)
仙台駅でっけ〜!歩道橋すっげ〜!バスとタクシーの数半端ねぇ!さすが観光地。

まずはコインロッカーに荷物を預けてお昼ご飯を食べます。
仙台駅新幹線改札左にある「あさば」というおそば屋さんで白石市名物うーめんをいただきました。白石市は行かないけど名物だけは食べたかったんだ。

私の冷やしワカメ温たまうーめん


直吉のかしわ汁もりうーめん

冷や麦のような感じかと思っていたけど全然違う食感でした。にゅるんとした感触で美味しーの。乾麺買ってくれば良かった。

さて、腹ごしらえもしたので早速観光へと参ります。
が、続きは次回へ