ゲームプレイ日記や旅行日記(食中心ですが)など
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

韓国旅行記 その他
行く前にやけに不安を感じていたハナちゃんと私。理由は、日本人は大金を持ってきているのでスリが多発してるとか、高い金額を提示されてぼったくられるとか不安になるような情報がたくさん入ってきてたから。
スリに関してはこれでもかってくらい対策して行きました。全額&パスポートを持ち歩くので、財布に鈴つけてバッグの中のファスナーとチェーンでつないで、バッグのファスナーを開けられないように目立たないワイヤーホルダーを鍵代わりに使用。やり過ぎかとも思いますが、何かあるよりはマシと出来るだけのことはしておきました。何なくて良かった。

気温
2月の韓国は札幌くらいの寒さだと言うことで、めちゃくちゃ防寒の準備してたのに、手袋もマフラーも必要ありませんでした。
デパートやスーパーではコートなんか着てられないくらいだし、6日なんて寝るまでホテルの窓開けてたほど室内は暖かかったから、ほんとラッキーでした。次の週はまた寒さが戻ってたみたいだしね。

世界遺産の消火設備

え?これだけ?とびっくりしてたら、所々土の中に消火栓が埋まっていて、側にホースの収納箱も設置されてました。

コレ景観損ねてない?てか消火栓の水圧に耐えられるの?古い建物なのに。燃え広がるよりはいいのか。

D.Gray−man9巻、3カ国比較

左から台湾版、日本版、韓国版。3つとも大きさが違います。


韓国語を喋るバクちゃん♪中文と同じページにしてみました。
ハングルの発音表見ると「バク」はどうやら「ポク(プォク)」と発音されているみたい…。「コムイ」はまんまっぽいのに。なんでポク?せめて「パク」にしてよ…。いるじゃん、パクヨンハとかさ。

行く前に空港で買った米沢の直江兼続マスコット「かねたん」かわゆーい。


韓国旅行記はこれで最後です。



JUGEMテーマ:韓国
 
韓国旅行記13
2月7日 その4

徳寿宮からホテルに戻ろうとしたら横断歩道を見つけられず、ずいぶんと遠回りする羽目に。
午前中散歩した東和免税店のあたりまで歩いてきたら、ビル前の広場にプロテクターを着け、盾を横に置いた警察官がずらりと並んで座っていました。
テレビで見たことあるやつ!デモ隊と衝突する最前列にいる警察官だ!これから何かがあることは明白。通行止めになったら空港まで行けなくなるんじゃない?集合時間変更になってない?と急に不安になり、急ぎ足でホテルに戻りロビーで待機。
普通に迎えに来ました・・・えぇ、色々心配しすぎですね、小心者なもので。遅れるよりは時間が余る方がマシです。

迎えに来た車には同じホテルから6人乗り込みましたが、全員大きなスーツケース+大きなカバンと2つずつ持っていたので荷物がバンの後方に乗りきれませんでした。誰かが「日本人買いすぎだろ〜」だって。

初韓国は楽しかった。とうとう帰国です。
ガイドさんと大韓航空の人がセルフチェックインの手続をしてくれました。が!何故か私だけチェックインが出来ませんでした。えぇ〜!?
ま、まさか帰れないの?このまま空港暮らし?トムハンクス?ターミナル?などの単語が渦巻きましたが、すぐに係の人が別の端末でチェックイン手続してくれたのでカウンターには並ばずにすみました。私と同姓同名?の人がいたのでセルフチェックインが出来ないらしいと言っていましたがそういうことあるの?便名入れてたから同じ便で同じ名前だったのかな。

まだウォンが余ってたので出国審査を済ませて最後のお買い物をしました。
店員が勧めてきたチヂミの粉を持ってハナちゃんのところに行き、「これ、4回分なんだって〜」と粉の袋を差し出したら、ハナちゃんにキムチの説明をしていた別の店員さんがビックリした顔をして「4回以上あるよ」って教えてくれました。ハナちゃんから見えた別の店員さんなんか吹き出して笑ってたって。
だーまーさーれーた〜!嘘つきめ〜(笑)
最後の最後でこんな落とし穴があるとは・・・。まぁまだ会計終わってないからいらなかったら戻せばいいんだけど、結局買って帰ってきました。なんかね、食べたかったんだね、きっと。
その店員、最初は2回分って言ったんだよ。1圓發△襪里法
普通に考えればおかしいの分かるはずだからちゃんと考えなかった私もアホなんだけどね。あの店員は2回で食べ切るってことにしとくよ。
何のトラブルもなく順調で楽しい旅だったけど、最後に来てやられたわ(笑)怒ってませんよ、面白ければそれで良し。いいネタになったし。

マッコリ、キムチ、チヂミの粉、みかんチョコ、そしてサボテンチョコ。箱の写真のサボテンがグロかったけど、ん〜不味くはなかった。手前のチューブはおまけでくれたコチュジャン。

2泊3日の初韓国旅行は、行く前の不安が嘘のようにとっても楽しかったです。
近くて安くて気軽に行けるので、またそのうち行けたらいいな。美味しいものまだまだたくさんあるし。

旅行記は今回で最終回だけど、あともう1回あります。



JUGEMテーマ:韓国
JUGEMテーマ:旅行
 
韓国旅行記12
2月7日 その3

腹ごしらえをしてもまだまだ時間があるので、急に思い立ってすぐ近くの徳寿宮を見学することにしました。
ここは、月山大君と言う人が住んでいた邸宅でしたが、豊臣秀吉が朝鮮半島に攻めて来たので、宣祖と言う王様が避難してこの邸宅を臨時の王宮としたそうです。詳しくはソウルナビでも見て下さい。

門のところには韓国ドラマの時代劇に出てくるような衣装を着た人達が立っていました。守將って役職?きっと門兵みたいなものだよね?
わーい、カッコイー。特にヒゲの人!

台湾の衛兵さんみたいにきちっと立ってなきゃいけないのかと思ったら、かなり気さくに写真撮影に応じてました。私たちも並んで撮ってもらいたかったんだけど、頼みやすい日本人は見つけられなかったので、とりあえず中に入ることにしました。


何でこう私の撮る写真って曲がってるんだろう。












どれも古い建物でした。雰囲気あってイイね。

んーと誰?

帰ってから調べました。世宗大王像だそうです。ハングル創った人らしいです。おお、すごい人なんだな。
やっぱり折角来たんだからさっきの守將さんと写真が撮りたいと思い、もうこの際誰でも良いからつかまえて撮ってもらうことにしました。なるべく若い子。だって前に台湾で日本人のおばちゃんに撮ってもらったら映ってなかったんだもん。

楽しそうに写真を撮ってる若い(多分十代)カップルに突進して行き、男の子の方にカメラを差し出してシャッターボタンを指さしました。彼は笑顔で二人分のカメラを受け取りすぐに構えてくれましたが、私たちは今度はヒゲの守將さんに突撃。無理矢理二人で守將さんを挟み込みポーズ。彼は1台につき縦と横の写真を撮ってくれました。なんて良い子なの!守將さんと彼にちゃんと韓国語でお礼を伝えました。かなり強引でしたが良い思い出を作れました。



JUGEMテーマ:韓国
JUGEMテーマ:旅行
 
韓国旅行記11
2月7日 その2

11時頃チェックアウトをし、迎えが来るまでロッテ百貨店でブラブラすることにしました。迎えは14時半頃。
免税店のヴィヴィアンやバーバーリーで目の保養をし(あくまで保養)地下のフードコートで最後の食事をすることにしました。

キンパッとマンドゥを注文。

手前のイカキムチが超うまい。海苔巻きと一緒に食べると最高です。


マンドゥは韓国風の餃子みたいなモノ。中身は肉や野菜。あと豆腐を潰したような白いモノが入ってました。こっちも美味しかった〜。

ハナちゃんはこの2品にチヂミも食べるとか言っていたので、私は食べられないよと阻止。だってね、このマンドゥ、一つがげんこつ大はあるんだよ。おまけにチヂミは前日食べたのより大きくて厚みもありそうなんだもん、無理。ま、食べたいと言う気持ちは私もあったので分かります。

その代わりハナちゃんは、ここの地下にもあったRotiboyをテイクアウトをして食べてました。相当気に入ったようです。



JUGEMテーマ:韓国
JUGEMテーマ:旅行
 
韓国旅行記10
2月7日 その1

前日のナツメ茶が聞いたのか(いや疲れと寝不足だったせいだよね)爆睡。向かいの部屋の中国人がうるさいなーと目を開けると外が明るくなっていました。あ〜寝坊?時差はなくとも新潟より西にあるのだから日の出は遅いんじゃ・・・
時計を見るともう7時半を過ぎている!景福宮中止にしといて良かった。けど最後までめいっぱい遊んでおきたいので慌てて支度をして出掛けました。

この日の朝食はホテル2階でアワビ粥。

緑色なのはアワビの肝入りだからみたいです。緑色食べてる人は他にいなかったよ。そしてお粥は特に美味しくもなく不味くもないどうでもいい味。貴重な1食を損した気分。マックでプルコギバーガー食べた方が良かった気がするなぁ。あ、屋台のトーストかキンパッ食べれば良かった!

まぁ、気を取り直して朝の散歩に。ハナちゃんに初日に食べたRotiboyが近くにもあるからと連れて行ったら見あたらなくて無駄に歩かせてしまった。ゴメンね。

そのままブラブラと東和免税店まで歩き、カウンターでJTBツアー特典のおまけをもらって(セコイか?)ブランド品見て買ってきました。ほんと、冷やかしに行っただけ。
戻る途中、初日に警官だらけで来られなかった清渓広場をぷらり。

朝もお巡りさんが割といたけど、目の前で道路横断しても何も言われません。だって彼等も平気で赤信号渡ってたもん。ほんとアバウトねー。ま、危ないので気をつけなければなりませんが。

川沿いにスムージーキングがあったので、ホットスムージーを買おうと入店しました。
スムージーのホットってどんな!?と楽しみだったんだけど、渡してくれた日本語メニューにはHOTやあたたかいの文字が見つけられず、お店の子に「ホット」と告げてみたけど全然通じませんでした。ホットって言うと明洞で食べたおやつになっちゃうとか?スムージー屋でおやつの名前連呼する変な日本人と思われたかもしれません。
じゃあ店員さんの後ろの壁メニューに書いてある「HOT」はなんて発音してるのよー。と思いつつ、通じないんじゃ仕方ないと、メニューの一番上と二番目を注文しました。イチゴとレモンのスムージーです。
はい、冷たいよー。3日間で一番寒い日に冷たいスムージー。

すぐにホテルに戻って飲みました。



JUGEMテーマ:韓国
JUGEMテーマ:旅行
 
韓国旅行記9
2月6日 その6

食事が終わって明洞のメインストリートに出たら、ホットッを手にした女の子を発見!まだ一口くらいしか食べてなかったので、これは近くで売っているとその子が歩いて来た方に探しに行きました。

けど見つけられず、半分は食べられるだろうと言う距離まで歩いてしまったので戻ることに。
途中ハナちゃんが露店で綺麗なバンスやヘアゴムを6つ買いました。全部で19,000ウォン。1個215円は安いなー。
ほかの露店も冷やかしながら戻ったらホットッを売ってる店あった!さっくりと見逃していたようです。

2つ下さいとお金を差し出すと、「その缶の中にお金入れておつりも自分で取って」と言われました。確かに油扱ってるからお金汚れたり、効率悪いもんね。
2,000ウォンと言われたので一人2,000ウォンずつ入れてきたけど、二つで2,000ウォンだったんだろうか。相場分からないからどっちでもいいけど。

出来たて熱々で甘くて美味し〜い。
生地の中には黒糖が溶けて入ってました。垂らさないように気をつけて食べたつもりだったけど、後で見たらコートの襟と袖に蜜が垂れてました。水だけで綺麗になったので良かった。

この日も市庁あたりに警察官がどっさり。またデモ?
コンビニでアイスクリーム買って食べている警察官もいました。職務中なハズだけど自由なんだな。

部屋で早速ハナちゃんと眼鏡をかけてみました。
・・・・・?前日お店でかけた時より、二人とも似合わない!何で!?鏡のせい?それとも浮かれすぎてた?
原因は着ているものでした。私はホテルのうっすいバスローブ。ハナちゃんは眼鏡がキラキラゴージャスなのに対して超カジュアル。似合う訳ないよね。
ハナちゃんが「じゃあ家でだるだるの格好してたら似合わないんだ!」と笑ってました。

翌日は朝から景福宮に行こうと計画してたけど、この日かなり歩き疲れたので中止にして就寝しました。



JUGEMテーマ:韓国
JUGEMテーマ:旅行
 
韓国旅行記8
2月6日 その5

ホテルで体力回復し、前日買った眼鏡を受け取りがてら食事に出かけます。眼鏡が入った手提げ袋には海苔も入ってました。お土産だって、なにからなにまで親切。
ウォンがだいぶ余っているので、途中でシートマスクなどを追加購入したけど、帰ってきてから私もハナちゃんも大後悔。もっとたくさんスキンケア用品買ってくるんだった〜!全然足りてないよ〜。

今日の夕食は明洞の群山オジンオでカンジャンケジャンと海鮮鍋・海鮮チヂミのセットを注文しました。
カンジャンケジャン

コレを食べたくてこの店を選んだのですが、私たちの口にはあまり合わなかった。「大人味だね〜」で終わってしまった・・・充分大人なのにな〜。たまたま美味しくなかっただけ?


この店のおかず。下から春雨?サラダ、キムチ、えびとにんにくの茎の何か、白菜の漬け物。ここのキムチは私たちには合いませんでした。

海鮮チヂミ

がっついて先に食べちゃった。生地が薄くて卵焼きみたいでした。美味しかった〜。
海鮮鍋


魚介がたくさん入ってます。ある程度火が通ったら、


生きているタコ投入。

踊るタコ。
少し火が通ったらお店の人がタコをはさみで切ってくれました。
タコから食べて下さいって。柔らかくておいしいです。
魚介から旨味が出て辛いけどおいしいスープになってました。
お腹一杯。
3品セットと飲み物で85,000ウォン。クーポンで5%割引してもらいました。お店の奥さんがレジで飴を鷲づかみして掌に乗せてくれました。10個以上あったよ・・・くれ過ぎ〜。


JUGEMテーマ:韓国
JUGEMテーマ:旅行
 
韓国旅行記7
2月6日 その4

今回は本当に良く歩く。タクシーはぼったくりが怖いから地下鉄1択。
最初に地下鉄に乗った駅まで戻ってきたので、ここからまた電車に乗ってソウル駅まで行きます。今度は窓口で地図を差し出し、ソウル駅を指さして切符を売ってもらいました。
地下鉄の乗り降り楽なT−moneyカードも知っていたけど、乗る予定が3回くらいしかなかったので買いませんでした。3回なら3,000ウォンで済むのに、カード買うだけで3,000ウォン近く払うから損だもんね。次行ったら買うかも。

ソウル駅直結のロッテマートへやって来ました。
お土産は南大門市場で買おうと思っていたんだけど、ビエンナメガネの人が、市場よりロッテマートの方が安いと教えてくれたので変更しました。南大門だと買えって腕引っ張られたりするんだって、やだ。おまけにそのビエンナ店員さん(名前聞いてくれば良かった)ロッテマートのカートを借りる時に必要な100ウォンコインを二人に一つずつくれたんだよねー。ほんの数円だとしてもお金でしょ?なんて親切なんだと感激しました。おかげで3日間ずっと気分の良いまま旅が出来たよ。

ここでは韓国海苔や柚子茶、エゴマのごま油やチョコパイなどをお土産にしました。
それにしても海苔は種類ありすぎ。値段もピンキリで、どれを選んで良いのか分からないので特選コーナーにあった値段の高めのものを選びました。安いよりは美味しいのかな?と思って。
普通・竹塩・キムチ・わさびと4種類買いましたが、特にわさび味の海苔が美味しいです。

カートを押してウロウロしていると、フロア中央のカウンター?でトッポッキ発見!これも絶対食べたかったものなので一つ注文。おばちゃんがスープ代わりに一緒に売っているおでんの汁を2人分くれました。おいしかったけど出来れば水が欲しかった・・・(水はセルフで裏にありました)

トッポッキめちゃくちゃ辛〜い!!!けど美味〜い!!!辛いけど甘みもあるのでホントに美味しい。初日の茶碗蒸しと2番目3番目を競うお味でした。そして今回No.1の辛さ。二人して泣きながら完食(笑)

韓国グルメを満喫したら、会計を済ませて一駅先のホテルに戻ります。めさくさ重い・・・。
この日買ったモノ


部屋に戻る前に、ホテル向かいのビルの地下でお餅のおやつを買いました。

どれも甘みが少ないので餅なのにあっさり食べられます。
右の黒い塊、おはぎみたいだけど、外側の豆に甘みはありません。中のお餅は絵の具のようなものすごい深緑色で、さらにその中に少量あんこが入ってした。お店の人が勧めてくれたので一つ購入。ハナちゃんがぺろりと食べてくれました。

お昼ご飯を食べないスケジュール組んで正解。いつもお腹空かなくて食べられないこういうおやつをちょこちょこ摘んで楽しめました。


JUGEMテーマ:韓国
JUGEMテーマ:旅行
 
韓国旅行記6
2月6日 その3

昌徳宮から仁寺洞まで歩き、伝統茶カフェで休憩。流石に体が冷えたので温かいお茶をいただこうという計画です。

仁寺洞の通りから少し奥に入った美術館の一角にある傳統茶院というお店。
路地を曲がったら道の真ん中にちゅーしてるカップルがいてビックリ。端っこでやってくださいよ、邪魔(笑)


こんなカンジの敷地の一角にあります。


カフェはこっち↑

店に入ろうとしたら入り口の奥が厨房に見えてしまい、裏口かと思って戸惑っちゃいました。店員さんが不思議そうにドアを開けてくれました。ハズカシ〜超挙動不審者。

店内は薄暗く落ち着いた雰囲気でいいカンジ。店内の写真って撮りたいけど他にお客さんがいると写しちゃ悪いのでなかなか撮ることが出来ません。

何を飲もうかと、メニューに書いてある効能を見て注文。
ハナちゃんは腸に良い梅のお茶(奥)を、私は睡眠?不眠?に効くナツメ茶(手前)を注文しました。

ナツメ茶は見た目は汁粉、飲んだら酸味のある薄い汁粉というカンジでした。カップでかい。とろみがあってちょっと飲みにくいけど、二人とも体が冷えてたので暖かい飲み物はホッとする。梅茶は甘酸っぱくて美味しかったです。
お茶請けは・・・なんだろうフカフカしてねちっとするほとんど味のないおかし。ま、ここで腹膨らませる気はないし。

テーブルのガラスの下に来た人が書いたメモや手紙がたくさん挟まってました。ほとんどがハングルで書かれたものだけど時々日本語や英語も。その中にあったメモ。

韓国人の男性と日本人の女性のカップルのものらしい。しっかり添削されてるよ(笑)ちゃんと言えたかな。

休憩を終えたらサムジギルで螺鈿やポジャギの小物でも買おうと行ってみましたが、欲しいモノも見つからず早くも終了。
なにかつまもうかと、通りをブラブラしていると美味しそうな屋台発見〜。

魚の練り物の中にソーセージとトックを入れて海苔を巻き、揚げた大変ゴージャスなモノです。お店の子がソース全部かけるのがお薦めですと、ケチャップ・マスタード・わさびマヨネーズをかけてくれました。
実はコレ、私にとって今回の旅でのNo.1食!めちゃくちゃ美味しかった!私たちが食べてるのに釣られて日本人の女の子二人組も「うまそー」と買ってました。うお〜また食べたい〜。
仁寺洞にはたいして魅力は感じなかったけど、コレを食べる為だけでもまた行きたい街になりました。

伝統菓子クルタレの実演販売を見て3箱購入。他に食べたい屋台メニューもないので仁寺洞を離れることにしました。



JUGEMテーマ:韓国
JUGEMテーマ:旅行
韓国旅行記5
2月6日 その2

昌徳宮はガイドと一緒じゃないと見学が出来ないので(木曜日だけ自由見学アリ?)、時間までに門に集合しないと入れないのに駅に着いた時点でもう5分前。地下鉄に時間かかりすぎたよ。
空港に向かえに来てくれたガイドさんが、人数が多いと入れないとも言っていたので、だめかもと思いつつ急いで行ったらやっぱり人がたくさん待ってました。もう無理?と思ったら人数は制限ナシ。アバウトで助かりました。
入場料も200円位と格安。いいの?世界遺産なのに?むしろ世界遺産だから?


大きすぎてカメラに収まらない門

人数が多いのでガイドさんの説明も聞こえにくいから後でパンフレット読むことにして、私たちはかなり自由に、お互い好き勝手に写真を撮っていました。
ガイドさんの話では、いつもは150人くらいだけど今日は400人だとか。日本人よんひゃくにん!


行く前に見た誰かのブログでコレが世界遺産の証拠の碑だと知ったので写真に納めましたが、ガイドさんはコレについての案内はしていませんでした。みんな素通り。これ重要じゃないの?
碑文の中にユネスコの文字が見えました。









屋根の先にある魔よけは三蔵法師一行だそうです。


螺鈿細工の見事な椅子。素敵〜。螺鈿細工の小物欲しい〜。




赤基調の建物と違ってシック。壁の細工や瓦が綺麗。




池が凍ってました。やっぱりソウルは寒いのねー。東屋もイイカンジねー。

この世界遺産の見学でハナちゃんは「奥行き萌え」、私は「廊下萌え」が覚醒。フェチほどじゃないと思うけど古い宮殿やお城の渡り廊下とかって色々想像力と言うか妄想力を掻き立てられて何かドキドキする〜。昌徳宮見学がこんなに楽しいものになるとは思わなかったよ〜。かなり歩いたけど全然苦じゃなかったわ。
コレとか


コレとか


コレとか

良い廊下だと思わない?上の池の畔の東屋も妄想広がる。

入り口側のオシャレなお土産やさんを見てから出口に向かったら、400人いた人が一人も居なくなっていました。みんな移動早ぇ〜。ツアー?バス移動?おかげで案内してくれたガイドさんにしっかりと挨拶出来たけどね。(ほとんど話聞いてなかったけど)淡々とした口調で冗談を混ぜながら話す面白いガイドさんでした。制服なのか、韓国風衣装が可愛くて綺麗で暖かそうだったな。



JUGEMテーマ:韓国
JUGEMテーマ:旅行