ゲームプレイ日記や旅行日記(食中心ですが)など
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

台湾旅行記−その他/これで最後です
大分記憶も薄れてきてるかも…。旅行記は前回で終わっているのでその他の話。

私は食べてないオクラスナック。感想ちっとも聞かせてくれないからどんな味かは分かりません。

●テレビの話
荷造りを済ませてのんびりと見ていたTVでは、日本デビューも果たした「飛輪海」の一人(その時は誰か分からず見ていた)が愛エプのような赤いハートのエプロンをつけてお料理をしていました。他にも滞在中棒棒堂という美少年(?微妙)達の番組見たり、お笑い番組やアニメを見たりしていました。
棒棒堂の番組でやっていたゲームの罰で「納豆!納豆!(読み方もまんま、なっとう)」のコールが。するとおもむろに少年が靴と靴下を脱ぎ出しました。足のにおいを嗅がせるという罰?って…納豆の匂いは罰ゲームになるのね…。あんた達の国には臭豆腐があるじゃないか!名前がもう「臭」じゃんか。本当に臭かったわ!日本人(?)にとっては臭豆腐の方がよっぽど罰ゲームだけど彼等には美味しい食べ物の匂いなんだろうな。
てか美少年も足が臭いのね〜、フムフム。
日曜日、風林火山も見れると思ってたら時差を逆に計算していてとっくに終わっていました。御舘様〜!

●ガイドさんの話
チェックアウトをしてお迎えのガイドさんを待ってる間にベルボーイのおじさんが写真をとってくれました。日本語上手。
迎えに来たガイドさんは日本人の女性。
台湾人の生態など色々教えてくれました。
寒かったでしょ?と聞かれたけど、「いやー暑かったです」新潟県民ですから。
台湾の人は隙間風が好きなんだそうです。対流がないと息苦しくなるんだって。ガイドさんは部屋の中暖房ガンガンきいている北海道出身だからそれがすごくイヤなんだって。

●台湾の人はケーキ好き?
パン屋さん・お菓子屋さんにゴロゴロとホールケーキが売っていました。街でホールケーキを持っている人も何組か見たし。その日の内に(もしくは数日の内に)あのたくさんのホールケーキが売れてしまうのだろうか?
台湾のケーキも食べてみたいんだけど他に美味しいものがありすぎてケーキまでは手が出せません。行っても「ちょっと小腹が空いたから」って状態になることがまったくないのでおやつにまで手が出せないポロリ本気で1ヶ月位滞在してみたいな。


だらだらと続けちゃったけど旅行記はこれで終わりです。
もっと手軽にこっちでも台湾料理食べられたらなぁ…。


JUGEMテーマ:旅行


最後の晩餐−台湾3日目
3日目の夕飯
休憩して大まかに荷物まとめたら今夜の夕食の相談。
大して疲れてるワケじゃないけど二人ともちっともお腹が空かない。けどこのままぐだぐだしてたら食いっぱぐれてしまうのでとりあえず近いのでSOGOへ。小籠包が有名な鼎泰豊を覗くけどものすごい人数が待っている。待ってもいいけど今日の待ち時間1時間は勿体ない。早く帰ってお風呂入って荷物まとめてのんびりテレビ見たいもんね。最後まで観光しようという気力がない私たち。せめて夜市行って美味しいものをテイクアウトしてくればいいのに、どこも遠いのでいい加減面倒になってしまいます。
手っ取り早く地下のフードコートでご飯食べることに。うろうろしているとその中の1店トンカツ屋からいい匂い。でも二人して「ここでトンカツ食べたら負けだよね」と日本食は我慢。何に負けなんだか…。
で、選んだのがこれ。ぼやけてる…

安南擔仔麺という店の台南擔仔麺套餐
擔仔麺と空芯菜の炒め物、それに麻辣豆腐のセット。
擔仔麺はあっさり薄味。肉みそが丁度いいアクセントで食べやすいです。炒め物は最初油っこいと思ったのに、段々あっさりしてきて不思議だったなぁ。普通逆じゃない?段々しつこくなるよねぇ、油は一体何処に行ったんだろう?麻辣豆腐は匂いに癖があって(つまり臭い)失敗したと思ったのに食べると臭くないし美味しい、これも不思議な食べ物だったな。それにしてもフードコートは便利。隣の人がどでかい茶色のかき氷を食べていた。一体何味なんだろう。

食事連発で、4日目空港。
空港で無事チェックインも手荷物預入も済み、スタバで台湾オリジナルのタンブラーを購入して出国審査に向かいます。
Open小將のパチパチする綿飴も無事通過(だって「爆」って書いてあるし)
台湾元が大分余っているので土産物屋でお茶、パイナップルケーキ、茶梅など不足分をガサガサ購入。
「ハナちゃん本屋さん覗いていい?」
そこでグレイマン7巻発見、バクちゃんGet。

ベンチで持参した手提げに荷物を詰替えてふと後ろを見上げると魯肉飯の文字が。絶対に食べたかったのに今回食べられなかったし、搭乗までまだ時間もある。ここで食べねば後悔する!とここで本当に最後の食事を摂ることに。丁度お昼だしね。ハナちゃんが機内食の心配をするが、私はこっちの食事の方が大事。

魯肉飯と點水楼の小籠包。
ちょっ!どっちもめっさうまい!二日目に食べた小籠包なんてちっとも味が分からなかったけどやっぱり美味いもんなんだな!!あと!魯肉飯、う・まーい!あま・うま・とろーでめちゃめちゃうまいよ!街中にはもっとおいしい魯肉飯があるんだろうけど、私はここで初めて食べたのでこれが基準になる。これまた食べたい絶対来たい!と思わせる食べ物。
ここに来て私の調子が上がってきた。小籠包と魯肉飯を一つずつ頼んだが(二人で食べたのよ)、まだ食べられそうなのでビーフンも追加。カップのドリンクはは愛玉。

最後の食事に大満足でした。きゃっほーう!」

久し振りに書いたらまた台湾行きたくなってきた。現地のお友達が欲しい。


JUGEMテーマ:旅行


運命の出会い−台湾3日目
順調に歯の治療進んでます。
見たことない器具をいくつも口の中に入れられ、
「なんだ?今なにしてるんだー。何をしているか私にも見せろー!光ったぞ!それは何なんだー!!」
と心の中で叫びつつ硬直してました。

さて旅行記続きです。
お茶も景色も楽しんだのでタクシーを呼んでもらって2時頃下山。
対向車をすれすれで避け、細い山道をスピード出して下るテクニックはすげー!というか恐怖…酔ったし…。
フラフラになりながらMRTで中心地へもどる。車中無言でごめんな、ハナちゃん。
外の空気を吸いながら昨日買えなかったジャムを買いにてくてく歩きます。
前日にあんな事があって疲れたと言ったけど、足裏マッサージの効果は充分残ってました。いつもはたくさん歩くと腰が痛くなるのに全然痛くならないし、肩こりも調子良くて感動。帰ってきてパソコン使って仕事した途端肩こりが戻っちゃったけど、足つぼマッサージは私に合ってるみたい。

果物屋さんの話、の前に、
私たちは猫空で衝撃的な出会いをしていたのです!
それがこれ、台湾のセブンイレブンのキャラクター
「Open小將」(左)です!

美加茶園に置いてあった1冊の雑誌の至る所にいたOpen小將。「なんだこいつは!?」と見ている内にとても気になる存在に。
だって名前が「Open」って変じゃない?「小將って?軍人?」「Open小將て…裸だから?全裸小將?おっぴろげ小將?」と彼に対する疑問は深まるばかり。
帰ってから調べたら、小將は「〜ちゃん」とか「〜くん」てことらしいけど、そんなの私たちにはもう関係ありません。彼の「小將」は階級の「少将」って事に決定(勝手な)
もうね、下山してからはセブンイレブン見つけるたびに入ってOpen小將のグッズ探しまくってましたよ。
とりあえずゲットできたのが上の4品。帰る日も免税店の裏のセブンに行ってOpen小將の綿飴買ってました。
その後も、セキュリティチェック前「Open小將軍事機密だから国外持ち出し禁止かも!」とか日本到着前「Open小將来日!」など浮かれっぱなし。何やってたんだか…。でも可愛いでしょ?頭のセブンイレブン色のって帽子じゃないんだよ。板みたいに薄いんだ。横向くと頭部丸出しなんだよ〜。頭覆われてると思ったから衝撃だったよう。
で、ブログにOpen小將の時計貼ってみました(右上参照)。クリックするとOpen小將のサイトに飛びます。マンガとかあって可愛いよ。ぜひOpen!

さて、ジャムを買いに百果園へ。フルーツの盛り合わせを食べて、重いのでマンゴージャム2瓶とバナナジャム1瓶だけ購入。
最近バナナジャムが終わってマンゴージャムを開けました。バナナジャムはヨーグルトにかけて食べたらめちゃくちゃうまかったです。完熟熟バナナってカンジ?バナナのジャムがこんなにうまいとは。
フルーツの盛り合わせ↓

ドラゴンフルーツ・リンゴ・メロン・パパイヤ・ブドウ・釈迦頭・スターフルーツだったかな?釈迦頭と言うフルーツが濃厚な甘さで一番おいしかったです。買って帰ってホテルで食べたかったけど、冷蔵庫にはまだマンゴーヨーグルトが残っているので無理。
店を出て足りないお土産を買いに再度糖村に寄って買い物をして帰りました。

JUGEMテーマ:旅行


日々そううまくいくわけじゃない−台湾3日目
支度が済んだら今年出来たばかりのロープウェーに乗って「猫空」に行きます。目当ては茶芸館。台北市街が見渡せる山の上でお茶を飲みながらのんびりする予定。
ロープウェーの駅までMRTに乗ります。この線は地下鉄ではなくゆりかもめのような電車。

昨日までは曇りだったけど、今日は快晴!「私たちツイてるねぇ」「うん!」
「あーでもツキすぎてない?こういう時って何か落とし穴があるかも」
「あはは」
何はともあれMRT動物園站到着。ここから少々歩くとロープウェー乗り場です。

おお!これが乗り場かい?まぁ、ふぁんしー(?)
違った、その先のこの↓建物でした。

ん!?ちょっと待って?閑散としてる……ってことは?

や す み だ よ ー

あったよ、落とし穴。やっぱりな。
月曜休みって書いてある…聞いてなかったけど?トラブル多いから点検日になったの?猫空が週末混むと聞いたから月曜日に変更したのに…。
でも、多分私的にはこれで良かったんだと思う。ロープウェーとかの上から吊すタイプの乗り物苦手なんだよ。信用出来ないって言うか、落ちた時の最悪の惨劇を想像しちゃうんだ。
仕方が無いのでタクシーを拾ってロープウェーの猫空站を指定します。タクシーのおっちゃんも乗り場を指さして「乗ってかないの?」と不思議そう。そうかい、おっちゃんも知らないんだね。今度から月曜日この辺ウロウロするとお客つかまるよ。などと伝えられるワケもなく、景色とスリル(運転がすごいんだ)を味わいながら猫空へと向かいます。

お邪魔した茶芸館は美加茶園。

入り口から坂をぐんぐん降りてゆくと茶芸スペースがあります。
途中屋根の上で寝ている猫発見。

あれ?一番手前も猫だと思ってたけど変じゃない?これ猫じゃないよね。


こんな景色が見える、

こんなところでおいしいお茶をいただいてのんびりするのです。




お茶と茶菓子を選んで、メモとジェスチャーで後でご飯も食べたいと伝えます。
まずはお茶タイム。鉄観音の産地なので鉄観音茶を選びました。お茶請けはドライマンゴーと緑豆のらくがんみたいなお菓子。

お店の人がお茶の入れ方を教えてくれ、抽出時間を私のメモ帳に書いてくれました。
「第1道 50秒内到出
第2〜5道 25秒」
そして、6〜12道!? 1回の茶葉で12回も飲めるの!?せいぜい5、6回だと思ってたよ。もしかしてお茶の種類によって違うのかな?それにしてもお得ねぇ。

しばしお茶を味わい、ご飯を注文。

茶油素麺と茶葉の天ぷらと茶葉丸。茶油素麺は素麺を茶油で炒めた物。いい香りとほんのり塩味で美味。茶葉丸は海鮮系の練り物に肉を入れて丸めた物を揚げたよう。

茶葉の天ぷらはいつまでもサクサクでホントおいしかったです。添えられた塩がおいしいのかも。
全部おいしいんだけど、揚げ物と炒め物だからちょっとしつこかった…。お茶で油を流しつつゆっくりいただきました。

天気も景色も最高!茶がうめえ!

乗れなかったロープウェー。やっぱり点検の為か時々ちょっとずつ動いてました。

指南宮

つい数ヶ月前まで世界一の高さだったTAIPEI101がそびえ立つのも見える。
ただ天気はいいんだけど、風が強くて寒かったんだ。

こちらの人は週末など夜に来て夜景を楽しみながらお茶を飲むらしい。それもいいね。
結局私たちが帰る直前まで他にお客さんはいませんでした。

JUGEMテーマ:旅行


朝ごパン、朝ご餅−3日目
今日は10時頃出掛ければいいからゆっくり朝ご飯。ホテルの窓から見える朝食屋でハンバーガーを2つ買ってきてお部屋でごパン。

袋がハンバーガー。あと夕べの焼き餃子とコンビニで買った牛乳。
ツナのハンバーガーを買いたかったけど壁のメニューでは見つけられなかったのでチキン+卵と牛肉ハンバーガー。
このお店は日本人が珍しいらしく好奇の目を向けられましたが別に不快な視線ではなく、言葉通じないながらも飲み物を勧めてくれたりこっちがチキンだと教えてくれたりと、丁寧に接してくれました。

パンが柔らかいからつぶれてる(笑)パンがフカフカで甘いの。マヨネーズも甘くておいしい!牛肉の方に卵を入れた方がもっとおいしかったかも。
それと、

朝から大福。前日臨江街夜市あたりのお店で買ったマンゴー大福。マンゴーのクリームと、今の時期は黄桃の果肉が入っている。大して美味しいものじゃないだろうと思ってたけど、朝からでも食べられる爽やかなお味のマンゴークリームがうまかったのさ、意外。
この時点で食べないとあと食べる機会が無いから朝食べたんだ。夜は初日に買ったマンゴーヨーグルトを食べねばならぬから。

JUGEMテーマ:旅行


いい歳して・・・台湾2日目
夕飯の時間まで部屋でゴロゴロしてるつもりだったけど、このままでは一向にお腹が空かない。ハナちゃん、マッサージに行かないか?
翌日行く予定を変更して5時頃ホテルを出発。徒歩15分ほどのところにある知足常楽というマッサージ店へ。
足裏マッサージ40分を選択。待っている間に癖のあるお水を飲むよう促されます。
その後10分ほどの足湯。ハーブだか漢方だかが入っていて気持ちいい。
実は足裏マッサージも初体験。この店は痛くないと聞いていたから来たのに、
め ち ゃ く ち ゃ 痛 て ぇ ぇ ぇ !
「痛い」という度どこが悪いのか教えてくれます。
一番痛かったのが首。その次が腰。坐骨神経痛と言われました。あとは胃、肝臓、心臓。ちょっと…どれも身に覚えがあるよ…足裏すげぇな。
最後に膝から下を蒸しタオルで巻き巻き。極楽じゃ〜。
漢方系の甘いお茶をいただいてると、追加で首や肩のマッサージを勧められます。10分のコースを選択。極楽その2じゃ〜。
最後にもう一杯お茶を飲んでマッサージは終了。天国と地獄を体験したけどトータルでやっぱり天国だったな。気持ちよかった!
お会計を済ませて次は小籠包を食べにゆくのです。

「水とかお茶がぶ飲みしたからトイレ行きたいねぇ」
「この辺デパートとか無いからタクシー拾ってお店まで行っちゃお」
「そだね」
しかし、入店した明月湯包(本店)にはトイレらしきものが見あたらない。すごく小さい店だしお客も使えるトイレが奥にあるようには見えない。まずい、ものすごくトイレに行きたい!ハナちゃんもそわそわしてる。
が、席に座っちゃったのでとりあえず注文。食べたい物は決めてあったので即決。
まずは乾拌麺

これが何とも言えず美味しい!昨日のワンタンといい勝負?かき氷3位に転落?
本当に何とも言えない…なんだろう、この味と美味さ。説明が難しい。
いや、味わっている場合ではない、トイレやばくなって来た、すでに臨界点…
とは言いつつ美味しいので即完食。

鍋貼。焼き餃子ですね。羽がパリッパリ。持ってきた店員さんがさくさくさくっとナイフで切ってくれました。
これも美味しい〜!皮がむっちむちだよ〜。お肉ジュースィーだよー。けど、
なんかもう、ちょっとでも気を抜いたらもれる……

明月湯包。小籠包です。
おお〜熱々〜!ここの小籠包はものすごく評判がいい。のに、
下半身がヤバすぎて全然味わかんね〜!(同ハナちゃん)
「ほんと、ヤバイよね」
「うん、マズイよ、まだこんなに残ってるし…」
限界を感じながらも私はある事を思い出した。
「包んでもらおう!」
焼き餃子なら持って帰っても食べられる、と思いメモに「打包OK?」と書いて店員さんに見せると頷いて餃子を持ち帰りの入れ物に入れてくれた。小籠包だけは平らげ、私たちは急いで会計をすませて店を飛び出した。
食事しながら10分位のところに駅があるからそこまで頑張ろうと打ち合わせ済。おいしい食事台無しの会話だな。
途中の建物の駐車場が真っ暗で「ここで出来そう」などど冗談を言ったらハナちゃんに「もれちゃうから笑わせないで〜」と怒られた(笑)
何とか漏らすことなく駅に着いたけどトイレは改札内。ノーン!仕方ないので最低料金のトークンを購入して無事トイレに入ることが出来ました。

大人なのにさ…、漏れそうってどうよ…。だいたいあのお茶が代謝を良くするお茶だから我慢できない程もよおしたんだよね。ちゃんとマッサージ屋でトイレを借りておけば小籠包も美味しく食べられたのにね。
でも忘れられない思い出になったのは確か。笑いものになる位の旅じゃなきゃつまらないわ!(負け惜しみ)

台北のMRTは入場券が無いと聞いたような気がしたので、地図を確認して二駅戻る。ここってばさっきのマッサージ屋の最寄り駅じゃん…。そこからタクシーを捕まえて夜市へ。先ほどの明月湯包からほど近い夜市。私たちは渦を描くように街を彷徨っていたのだった。


折角マッサージで疲れを癒やしたのに即疲れてしまった。そんなに食べてないけど時間をおいたのでお腹もいっぱい。折角臨江街夜市に来たけど眺めてるだけ。それでも10元ショップ(36円ショップ!)でちょこっと買い物をして屋台で揚げたて地瓜球を購入。

サツマイモを丸めて揚げたのかと思いきやサツマイモ風味のもっちもっちしたお菓子。揚げてあるけど甘みあっさりで、これだけはお腹いっぱいでも完食出来た。

本日の観光はここまで。
そういえば魯肉飯食べてないや。

JUGEMテーマ:旅行


今見ると物足りない気もする−2日目
次はマンゴージャムを買いに果物屋さんへ。

「ご飯食べたばかりだけどカットフルーツ位は入るよね」
「食べようねー」
「ジャムいくつ買おう。瓶重そうだけど沢山欲しい〜」
などと話していたのに、
「シャッター降りてるー!!」「日曜休み!?」「調べてくるの忘れたー!」
手持ちのガイドブックにちゃんと載ってました。日曜定休。明日また来るよ…。

とりあえず大通りに出て地下鉄駅を目指します。
と、行く予定無かったけど行ってみたいと思ってたお店発見!その名も「糖村」
糖の村だよ?お菓子の家よりすごくね?銀さんが住みついちゃいそうな名前の店じゃね?
別に糖で出来た店舗ではなく(あたりまえだ)オシャレなケーキ屋さん。
ここでパイナップルケーキ2種類4個と牛軋糖(ヌガー)300gを一箱購入。この牛軋糖べったべたに甘いのかと思ったら思ってた程甘くなく、ミルクの味が濃くてすごく美味しいのです。アーモンドもいいアクセント。コーヒー味も買えば良かったかも。あと海苔入りなんてのも!さすがに海苔入り600g(300は無し)はチャレンジ出来ませんが。

次の目的地はお茶屋さん。
地下鉄で移動しようかと思ったけどたいした距離でもないので徒歩で移動。キョロキョロしながら歩いているととあっという間に到着。
渡辺満里奈の本に載ってる有名なお店。お店にはいると「初めてですか?」と声をかけられる。
「はい」
「ようこそ」
「こんにちはー♪」
「どうぞ、座って、お茶飲んでって」
と気さくに迎えてくれます。ありがたい。
お茶の説明が書かれたものを見せてくれ、注文書とペンを渡してくれます。
「どれ飲んでみたいですか?」
「これ飲んだこと無いので飲んでみたいです」
と包種茶というのをリクエストしてみました。
お昼ご飯がまだ消化されてないのですっきりとしたお茶が美味しい!これ買う。
お茶の入れ方や茶器の説明をしてくれながら次はジャスミン茶を入れてくれる。烏龍茶にジャスミンの花を入れるのだそう。知らなかったよ。いい香り。これは最初から買う予定。
私たちの後方、通りに面した棚には丸くて可愛い茶壺が。お茶を入れてくれた桃柄の小さな茶杯も可愛い、欲しい…。
私が後をちらちら見たり立ち上がって茶器を見に行ったりしてたので店主の張さんが(バクちゃんと同じ名字だ)茶器の説明もしてくれる。茶壺は一つ800元だという。
欲しいお茶を書き込んでざっと計算してもまだ予算内だし買う予定だったし、ここで買っちゃおう♪
「茶杯はいくらですか?」
「一つどれでも30元」
「安っ!買います!」
「どうぞどうぞどれでも好きなの選んでください」
迷わず桃柄を二つ購入しました。
お茶は100g入り
梨山茶1
阿里山茶1
包種茶1
ジャスミン茶2
鉄観音茶2
を購入してきました。他にも会社でがぶ飲み用に60包も入ったジャスミンのティーバッグも欲しかったけど、先週卒業旅行で来たという大学生が買い占めてしまったとかで売り切れ。おのれぇ学生の分際でぇ!(冗談よ)ちょっと残しといてくれよう…。
結局3種類ものお茶を淹れて飲ませてくれました。大変美味しゅうございました、ごちそうさまです。
後で気付いたけど買い忘れアリ。再訪問決定。

ここからホテルは近いのでパイナップルケーキを2店舗で購入してペットボトルの水とお茶を買ってホテルへ戻りました。
この日購入の品々をベッドに並べてみる。ハナちゃんの分は入ってないわよ。私の購入分だけ。



JUGEMテーマ:旅行


「二人」と告げたら複雑な表情したもんな−2日目
タクシーをつかまえておっちゃんに次の行き先「西門站」のメモを見せる。
何か言ってるけどごめん、分からんよ。けど何となく西門站のどの辺かと言ってるような気がして、信号待ちの時にハナちゃんが地図を見せて降りたい場所を指さしてみる。
運転手さんは老眼の方が多いと聞くから多分見えないのでは…?
案の定ダッシュボードから老眼鏡を取り出している。
やっぱり大きな字で書いたメモを見せねばと目印になる場所の名前をメモ帳に書いてる間に、おじさんは何とか地図で場所を理解出来たらしい。


車中から撮ったわんこのデート(勝手にデートだと思っている)かわゆい。見事な白と黒。

西門站前に到着

「ここでいいか?」
「いいですよー、」
をお互いジェスチャーで示し降車。最後におじさんは日本語で「アリガト」と言ってくれました。
「ありがとー、謝謝」と私たちも挨拶。はい「謝謝」や「ニーハオ」位しか言えません。あ、あと「晩安」も言えた。

買い物をする前に喉が渇いたので台北牛乳大王に入り、クランベリーヨーグルトと西瓜汁を注文。

左/クランベリーヨーグルトは濃厚。色もすごいね。おいしいのよ。
右/西瓜汁は本当にまんま西瓜を搾っただけのジュース。さっぱりしているのでお腹いっぱいご飯食べた後に飲むとすっきりする。
日本だったら美味しくするために甘さや香料を人工的に付けるのに、それをしようとしないところがなんだか可愛い。
さっきからハナちゃんが夢の飲み物だ〜と呟いている。
「夢の飲み物って?」
「西瓜食べ終わった後にお皿に残っている西瓜の汁って、恥ずかしいけど飲んじゃうんだ。それがこのカップにこんなに入ってるなんで夢のようだよ〜」
「あはは!夢だったんだ!夢が叶ってよかったねー」
「うん!!」
ハナちゃんはこの旅でもう一つ夢が叶うのであった。


紅楼劇場前の謎の標識
金斗雲禁止?斜めに線入ってないから禁止されてないか。
でも金斗雲なんて乗れる人(?)めっさ限定されてるじゃん。

からすみとドライマンゴー、南瓜の種入りクッキーを購入してお昼ご飯へ。
この時点でまだお腹空いてないけど時間をずらしたらどんどん食べられなくなると思って入店。今日はちょっと豪華にと思って高級そうな極品軒へ。





上から東坡肉・酸辣湯・湯葉と枝豆と百合根とヘチマとナッツの炒め物(本当にメニューに日本語でこれだけ食材書いてあったんだもん)
3品とも小サイズのハズなのにめちゃくちゃな量!大だったらどんだけ!?お肉は12兒擁高さ4僂發△襪(写真ははさみでカットしてくれた後のもの)、スープなんて手を突っ込んで顔洗えるよ!って位たっぷり。
ここってば二人で来ちゃ行けないお店だ…。申し訳ないけどどうしても食べられなくてスープと炒め物は半分以上残してしまいました。ごめんなさい。でも美味しかった〜。あの味はもう一度食べたいな…大勢だったらな…。


JUGEMテーマ:旅行


毎朝5時には目覚めてた−2日目朝
三日目をのんびり過ごすために今日は怒濤の買い物三昧よてい。
けど美味しいご飯を食べることは忘れませんよ。
まずは朝食を食べに地下鉄で2駅。前回も食べた朝ご飯屋さんです。写真は前回の。

テイクアウトは長蛇の列。
注文品を紙に書いてハナちゃんに渡し、私は席を取っておきます。
あのね、全部ハナちゃんに押しつけて意地悪してる訳じゃないのよ?私も2度目だから全然慣れてるって言えないけど、台湾のお金に慣れてもらったり、今後のお買い物に役立ててもらおうと敢えておつかいしてもらってるんだけど…偉そうかしら?ハナちゃんは楽しそうだったのよホント。ゲラゲラ笑いながらトレイ持って帰ってきたから。テンパってお金払うの忘れるところだったらしい。

食後は買い物するにはまだ早い時間なので観光へ。
行き先は忠烈祠。タクシーの運転手さんに行き先を書いた紙を見せると「OK」と返事が返ってきます。日曜日のせいか道は空いていてあっという間に到着。200元弱だったかな?700円するかしないかです。初乗りは250円位。

でかいッス

だだっ広いッス

衛兵交代式を見てみたかったので、最初は時間もあまりないから國父紀念館に行こうと思っていたの。忠烈祠は抗日戦争の犠牲者が祀られているというから衛兵交代式だけ見に来るのはなんか気が引けるかな、と。けどやっぱり私も結局は観光客。時間に余裕もあるので交代式まで中を見学することにして忠烈祠を選んでしまいました。
入り口の衛兵さん



綺麗ッス


左右の建物には位牌のような殉職者の名前を書かれたものがずらり並んでいました。中央の建物にもあるのかな?

回廊には殉職者の銅像と説明や戦争の記録。

細部まで怖ろしく美しい。


交代式の時間に合わせてツアーの観光バスも次々到着。交代の衛兵さんが出てきたらしく、入り口方面が騒がしくなってきました。人垣の後から行進してくる衛兵さんを腕を伸ばして頭上でパチリ、

パチリ、

パチ…

角度間違えた。おっさんのつむじ撮れちゃった…ごめん






全員ビシッっと揃っていて格好いい!


中央の茶色い3本の線。これ多分衛兵さんが毎日毎日この上を歩いた跡だと思う。少々足を擦るように歩いていたから。すごい、真っ直ぐ続いている。
控え室に入っていくまで見ちゃいましたが、中に入った直後「はぁ〜疲れた」とか言って椅子にどっかり座ったりするんだろうか、などと考えちゃいました。どこまでカッチリしてればいいの?猛烈に痒かったところを掻き出すとか、こぼれるほど水をがぶ飲みするとか見てみたいわー。


JUGEMテーマ:旅行


着いたらまずぐいっと栄養ドリンク飲まなきゃだな
初夜市体験だわさ〜♪B級グルメ天国よ〜!やっと観光に入ったわ〜。
念願だったバカでかいフライドチキン。ハナちゃんの手の2倍以上ありそう。

実は念願だったくせにあまり食べられなかったの…癖のあるスパイスが私にはちょっと…。ケンタの方がいいかも…。しかし写真見るとうまそうだな。暫くしたらまたたべたくなるんだろうな。
フライドチキンに並んでいる間にハナちゃんをお使いに出して、これも念願だったパールミルクティもゲット。(左上隅↓)

タピオカがむっちむっちしてておいしー!もっと甘いだけのくどいミルクティを想像していたけど、あっさりしていて口の中に残りませんでした。
そしてミルクティの手前がこの旅で一番?って位美味しかったワンタン。奥が辛いの、手前が辛くないの。
辛くない方は少々しょっぱかったので辛い方のが美味しかったな。また食べたい〜。
その後どうしても食べたかった物を探している内にこれも目当てだったかき氷屋さんに辿り着いたので草苺雪片を二人で一つ。

ミルク味の甘い氷にイチゴジャムなんてゴールデンコンビでない?イチゴ味好きにはたまりませんよ。めちゃくちゃ美味しかった〜。この旅で2番?

そしてこれが絶対に食べたかった生煎包。焼き肉まん。ウマーイ!ハナちゃんと1個ずつで2個買ったらちゃんと一つずつ袋に入れてくれて、その心配りに感動。彼等には普通なんだろうけどさ。
私が全部食べられないから残してホテルで食べると言ったら、私が食べていると自分も食べたくなっちゃうからとハナちゃんも残してました(笑)温かい内の方が美味しかったのでは?

まだまだ他に食べたい物はたくさんあったんだけど、ここで私の体力は限界。この後予定していた京劇観覧は中止にしました。ごめんよハナちゃん。
けど地下鉄の台北駅でトイレに入ったらちょっと復活。ふふふ失礼。なので、ホテル最寄り駅そばのスーパーで買い物をして、更にまだSOGOデパートが開いていたのでお土産のパイナップルケーキを一部購入。
SOGOは20周年記念とかでセールをやっていて、すでに夜の8時だというのに通路を埋め尽くす人で賑わっていました。エスカレーターもエレベーターも行列!店のおばちゃんに言われるまで気が付かなかったけど、購入したパイナップルケーキも一割引になってました。やた♪
デパートの中で、しかも大勢の人で歩きにくい中を食べ物を食べながら歩く人がちらほら。日本だったら嫌な顔されそうなのにね。おもしろいな。


スーパーやSOGOで買ったもの一部
上から時計回りに
マンゴーヨーグルト/ヨーグルトと言いつつかたいの。
奇華のパイナップルケーキ/分厚くてずっしり。んまい。
老婆餅/のだめでユンロンが千秋にあげようとして返されたヤツ。
奇華のマンゴーケーキ/パイナップルケーキのマンゴー版。Pケーキに比べて餡が柔らかい
梅子緑茶/梅と緑茶を合わせた爽やかな飲み物だと思ったら、顔が歪むような奇妙な味だった。マズイ。

JUGEMテーマ:旅行